バストアップサプリ 副作用

バストアップサプリにはどんな副作用が考えられるの?
Line

バストアップサプリにはどんな副作用が考えられるの?


バストアップサプリには次のような副作用が考えられます。

月経不順
・月経痛
・頭痛、腰痛
・肌荒れ
・身体のだるさ
・乳がん、子宮がん
・排卵障害
・不妊症

まず、一番多い症状としては、月経不順が挙げられるでしょう。

バストアップサプリサプリは、女性ホルモンに働きかけますので、どうしても毎月の月経に影響が出てしまいます。

今まで規則的にきていた月経が急に不順になってしまった、といった事は少なからずあるでしょう。

ただ、これはバストアップサプリによって、一時的に女性ホルモンのバランスが崩れてしまった事が原因です。

続けてバストアップサプリを摂取する事で、体内で女性ホルモンの分泌量が安定し、暫くしたら順調に戻る事もあります。

また、月経痛が軽かった方も一時的に月経が重くなる事もありますが、反対に今まで月経が重たかった方が軽くなって楽になる事もあります。

女性の体はデリケートですので、ちょっとしたホルモンのバランスで調子を崩してしまう事がありますので、注意するようにしてください。

頭痛や腰痛、肌荒れや体のだるさは、血液の循環が悪くなる事が原因でも起こってきますので、体を冷やさないようにしましょう。

乳がんや子宮がん、排卵障害、不妊症も、女性ホルモンと大きく関係しています。

特に、婦人系の病気がある方は、バストアップサプリによって症状が進行してしまう危険がありますので、担当の医師と十分に話し合う事が必要です。

Line

副作用が出ないようにするバストアップサプリの飲み方ってある?


副作用が出ないようにするバストアップサプリの飲み方は、あります。

それは、過剰摂取をしない事です。

女性ホルモンの分泌量が増えれば、確かにバストも成長します。

その為、バストアップサプリを飲めば飲むほど、女性ホルモンの量がアップしてバストが大きくなる、と勘違いしている方も多いようです。

また、1週間程度服用してみて、何の変化もないからと、勝手に飲む量を増やしてしまう事もあるようです。

このような行為が、バストアップサプリの副作用を招いている訳ですね。

一番大切なのは、用量をしっかりと守る事です。

後は、胃腸があまり強くない体質であれば、空腹時は避けて胃腸の負担を軽くするようにしてください。

Line

バストアップサプリを飲んで副作用が出たらどうすればいい?


バストアップサプリを飲んで副作用が出たらどうすればいいかと言うと、とりあえず服用を中止しましょう。

バストアップサプリに配合されているプエラリアには、いろいろな種類があります。

その為、品質の悪いプエラリアを使用しているバストアップサプリでは、副作用を感じてしまう体質の方もいらっしゃいます。

こればかりは個人差がある為、飲んでみないと分からないのです。

また、量が多いと副作用が出てしまう事もあります。

不安がある場合には、最初は1錠飲む事から始めてみるといいでしょう。

様子をみて、副作用を感じないようでしたら、徐々に量を増やしていけばいいのですから。

当サイトの人気記事

Line