バストアップサプリ 成長期

バストアップサプリは成長期を過ぎてから飲んだ方がいいの?
Line

バストアップサプリは成長期を過ぎてから飲んだ方がいいの?


バストアップサプリは、成長期を過ぎてから飲んだ方がいいでしょう。

理由は、成長期はまだ女性ホルモンの分泌が非常に活発だからです。

バストアップサプリの多くは、女性ホルモンの量を増加させる事によって、バストを大きくしようとします。

成長期で、十分に女性ホルモンが分泌されているのに、更にバストアップサプリによって女性ホルモンの量を増やしてしまうと、女性ホルモンの量が過剰になってしまいます。

これは、副作用を引き起こす原因になってしまい、とても危険です。

また、成長期である中学、高校時代は、バストアップサプリの力を借りなくても、まだまだ自分でバストの成長が期待できます。

バストの成長には個人差もありますので、焦らず、成長期を過ぎるまでバストアップの服用は我慢するようにしてくださいね。

Line

成長期を過ぎてからもバストアップサプリでサイズアップできる?


成長期を過ぎてからも、バストアップサプリでサイズアップできます

バストアップサプリの役目は、女性ホルモンの分泌量を増やして、バストを大きくさせる事です。

その為、成長期を過ぎて女性ホルモンの分泌量がピーク時から減少してからの方が、効果が実感できるようになるでしょう。

また、バストの殆どは脂肪で出来ています。

バスト付近に脂肪が付きやすくなるのは。成長期を過ぎてからですので、この点でも成長期を過ぎてからの方が、バストアップさせやすいと言えるでしょう。

バストを成長させるのは、確かに成長期に活発に分泌される成長ホルモンです。

けれど、バストのサイズを大きくするのは、成長ホルモンの他にも女性ホルモンが大きく関係しています。

バストアップサプリによって女性ホルモンの分泌を活発にさせる事で、成長期を過ぎてからでもバストのサイズアップは望めますよ。

Line

バストアップサプリと成長期の成長ホルモンに違いはあるの?


バストアップサプリと成長期の成長ホルモンには、違いがあります。

まず、成長期に活発に分泌される成長ホルモンですが、これは、乳腺の中に存在しているラクトゲン受容体と言う物質と結びつく事により、乳腺を刺激して乳腺を発達させます。

乳腺が発達すると、その乳腺の周りに脂肪が着くようになりますので、自然とバストも成長していきます

これが、成長期のバストの成長です。

ただ、バストを大きくする為には、成長ホルモンではなく女性ホルモンの方が重要となります。

女性ホルモンの作用によって、体は丸みをおびた女性らしい体つきになろうとします。

すると、バスト付近にも脂肪が付きやすくなりますので、乳腺周りの脂肪の量も増加し、バストのサイズがアップします。

この女性ホルモンの分泌は、バストアップサプリによって増加させる事ができるのです。

つまり、成長ホルモンはバストを成長させる働きがあり、バストアップサプリによる女性ホルモンの活性化は、バストを更に大きくしてくれる訳ですね。

バストの成長には、確かに成長ホルモンが必要です。

けれど、サイズを大きくする為には、女性ホルモンの分泌を増加させてくれるバストアップサプリが重要となるのです。

当サイトの人気記事

Line